生きとし生けるもの全ての間に絶え間なく繰り返される“生命の循環” そして、その瞬間に存在する私。 画家 阪東佳代は“命の繋がり”を主題に据え、これまで生まれ育った和歌山という風土、 家族との係り、或はモデルとの対話を通し…